会社概要

Company Outline

情熱をもって農業に挑む生産者の、力強いパートナーになること

  • 産地マップ

農業は、とても大事な産業です。産業という以前に、農業なしでは私たちの食がなりたたず、生きていくことすらできません。私たちは農業に「生かされている」のであり、農業はもっとも大事なライフラインであると思います。

農業の重要性はそれだけではありません。例えば地域の伝統野菜や、その地域でしか作れない特産品など、多様な食文化の根本を担っているのが農業です。国の景観や環境という側面でも、農地が荒れ放題では国が荒れているのと同じです。

しかしながら、そんな農業を担う生産者にはいつも困難がつきまといます。自然を相手に天候に左右され、思うようにならないのが農業です。農業で生計を立てるのは、なかなか容易なことではありません。また担い手の高齢化、耕作放棄地の増加など、農業を取り巻く状況は困難です。

そうした困難な農業ではありますが、夢とやりがいを持って農業に挑む生産者がたくさんいます。それは例えば、美味しい野菜を作って感動させたいという想い。先祖から受け継いだ農地を未来へ引き継いでいきたいという想い。農村や地域の自然環境を守るために、有機栽培をしたいという想い。そんな様々な想いを持ち、情熱に満ちて農業挑む生産者と私たちは出会ってきました。

当初、私たちは無農薬野菜だけを取り扱う八百屋でした。しかし、様々な素晴らしい生産者に出会う中で、農薬や化学肥料の使用の有無は農業の一側面にすぎない(使いすぎはダメということは大前提ですが)と思うようになりました。そしてそのことだけで、生産者を線引きすることはしたくないと考えるようになりました。

スタイルや栽培方法は違っていても、規模の大小があったとしても、そこに自分以外の誰かを想い、心をこめて野菜を作るという情熱はみな同じです。そんな情熱を持った生産者がたくさん増え、日本の農業を担っていけば日本の農業の未来は明るく、日本の食の未来も明るい。

私たちはそのように考え、情熱をもった生産者に共感し、その想いを伝えながらより多くの人にその野菜を届けることで、生産者の力強いパートナーになることを目指します。

Company Info.

社名
株式会社 ONE DROP
本社
〒603-8172 京都市北区小山初音町26
Eメール
yaoya-0831.hitosizuku@onedrop-vege.net
URL
http://www.onedrop-vege.net/
TEL
FAX
075-496-4138
代表者
小谷 亘
設立日
2017年12月
資本金
100万円
主な事業内容
青果小売
従業員数
2名

Page Top