ABOUT US

about us

やおやONE DROP(ワンドロップ)という名前の由来

たとえ自分にできることは微力だとしても、頑張っている農家さんの役にたちたい。またお客様の心と体を満たす、美味しい野菜を届けたい。
一滴のしずくが水面に大きな波紋を広げるように、一滴のしずくが大地を潤し、野菜を育むように、よりより社会に貢献したい。
そんな思いから、ONE DROP(ひとしずく)と名付けました。

History

当店の歩みは、決して平坦なものではありませんでした。その歩みの一旦を、少しご紹介したいと思います。

2006年5月
とあるきっかけで、下鴨の民家のガレージをお借りすることになり「やおや ONEDROP」をオープン。高級住宅街に突如現れた、謎の八百屋として話題?を集める。当初は、数件の生産者のみから無農薬の野菜を仕入れ販売。その一方で海外のマルシェにあこがれ、スパイスやドライフルーツの量り売りを試みるなど、かなり先鋭的?な店であった。
2007年1月
下鴨のガレージが地位協定の規約上、ガレージでの販売ができなくなり、配達で野菜をお届けする宅配野菜セット「べジボックス」をはじめる。慣れない配送業務に日々悪戦苦闘。
また、中古のポンコツ軽バン車がついに故障。親に泣き付いて新しい車を買ってもらう。この先、どうやって続けていこうか・・とちょっと弱気になる。
2007年6月
新町商店街に、格安の小さな空きテナントを発見。一念発起し、ガレージを卒業して店を構えることを決意。
2007年9月
  1. やおや ONE DROP オープン
新町商店街に移転オープン。手作り感満載の店。保守的な土地柄に、突如現れた若者のやっている謎の八百屋としてまたしても話題?になる。
2008年6月
店舗業務と配達業務の両立が当時の自分たちの体力的、精神的に限界に達し、一時べジボックスを休止。さらにもう限界!という気分はエスカレートして、店を月曜日も休みにして週休2日にしてしまい、お客さんを困惑させる・・。
2008年8月
  1. やおや ONE DROP オープン
店のあまりのヒマさと、あまりの暑さに頭をやられてしまい、この先の運営に不安を感じる。ついには3週間店を閉め、生産者めぐりという名の自分探しの旅に出る・・。
2008年9月
自分探しの旅から帰還するも、自分が見つからず。店の売上が不振で、営業の危機に追い込まれる。どうせダメなら、やれるだけやってやろう!と一念発起し、日本全国の有機栽培、減農薬栽培の野菜を産地直送で取り扱うようになる。なりふり構わず怒涛の産地開拓がスタート。 日本中を飛び回る。
2009年1月
売上がほしくて、限界!でやめたくせに半年たらずで宅配野菜べジボックス再開。
2009年7月
売上が上がってきて、なんとなく規模拡大の好機!?と見誤り、初めてスタッフを雇用する。案の定、うまくいかなかった。
2010年4月
売上が上がってきて、規模拡大の好機!?とまたしても見誤り、スタッフを増員。経営が苦しくなる。
2012年4月
産直で一流の八百屋になってやる!と夢見て4年間続けてきた産地直送のみでのスタイルに限界を感じる。
さらなる発見を求めて京都中央市場へ行くことを決意。新たな野菜や果物との出会いに嬉々として、毎日市場を走り回る。
2012年11月
  1. やおや ONE DROP オープン
森田建築設計事務所の設計による新店舗が二件北隣に完成し、リニューアルオープン。
2014年11月
新店オープンから2年たったものの、思ったほど売上が伸びていないことに気づき、焦る。
2015年1月
売上を稼ぐために、野菜や果物だけでなく加工食品のラインナップを激増させる。とにかく珍しいものを投入する日々・・。
2016年1月
ベーコン、ハム、冷凍豚肉販売開始。もはや八百屋ではなくなってくる。
2016年7月
長年続けてきた宅配野菜セット「ベジボックス」を業務終了することを決断。店をより充実させることに専念する。
2017年1月
日本中の野菜の産地開拓や、加工品の開拓にかまけて、地物野菜が手薄になっていることに気づく。これではいけないと、地物野菜のさらなる開拓にはげむ。
2017年3月
増えすぎた加工品、増えすぎた野菜で店の収集がつかなくなる。また宅配をやめたことでバックヤードが無駄になっていた。それらを一気に改善するため、店舗改装を決意。
2017年8月
  1. やおや ONE DROP オープン
店舗改装リニューアルオープン。バックヤード部分の一部を店舗部分にし、店が広くなる。やおやの良さを生かしつつ、ミニスーパーのような利便性のある店を目指すと意気込むが、どうなることやら・・。

スタッフ紹介

  • 店主 小谷亘
    店主 小谷亘

    兵庫県出身
    就職活動もせず、大学卒業後も八百屋でアルバイトをしていたが、とあるご縁で2006年「やおやONE DROP」を立ち上げる。大の阪神ファンで、年に数回の甲子園観戦だけは欠かせない。仕事の合間にもしょっちゅう阪神情報をチェックしている。

  • スタッフ 小谷遼子
    店主の妻 小谷遼子

    京都府出身
    店主の妻。大学卒業後は企業に就職して働いていたが、店主と出会い、やおやONE DROPをともに立ち上げる。現在は2児の母となり、子育て中心の生活に。ただ根っからの経営好きで、夫とあれやこれやと店の方針について話し出すととまらない。

  • スタッフ 東根麻美
    社員 東根麻美

    兵庫県出身
    2011年よりワンドロップに勤務。主に接客を担当。
    誰からも好かれる優しく真面目な性格でお客さんの信頼を得ている。淡々としているように見えて、内面は熱いものをもっている。

Page Top